バストアップしようと思ってもなかなかうまくいかないことって多いと思います。
私も今まで何回か頑張ってはきたのですが、バストアップってすごく難しいですよね。
そこで、こちらでは入浴時にできるステップを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マッサージを行う前に、まずしっかり体を温め、リンパや血行の流れをよくする必要があります。そのためには半身浴が1番!
38℃前後のぬるめのお湯に、上半身が出ている状態で20分~40分浸かりましょう。
美容や健康目的で半身浴をする場合、汗が出ないと意味がありません。

上半身にじんわり汗をかくまで浸かりましょう。
上半身が冷えてしまうようなら、乾いたタオルを羽織るのもいいですね。
最初に少し熱めのシャワーで頭や体を洗うと、比較的短時間で汗が出始めるのでおススメです。

半身浴はたくさん汗が出ます。
脱水などを防ぐためにも、水分をしっかり補給しましょう。
せっかく温まった体を冷やさないためにも、水は常温をおすすめします。

バストアップ効果を早く感じるには、リンパマッサージも行うことをおススメします。
バストアップのためには、長時間行うのではなく、短時間でも毎日続けることが大切です。

ウィッグをファッション感覚で使っている方もきっと多いと思います。
しかし、ウィッグってどうしても蒸れてしまったりずれてしまったりとトラブルも多いですよね。
こちらではその対策方法について紹介したいと思います。

ウィッグは蒸れないことはないです、つまり蒸れます。
でも対策はたくさんあります!「蒸れたな」と一番感じる時は、ウィッグを外した時。
ウィッグの内側が湿っぽいのが分かります。
特に長時間かぶっているとよく分かりますね。

そんな時、私はまず丸めた新聞紙をウィッグに詰めて湿気を取ります。
短時間でカラカラになっていますが、このまま一晩放置しておいても構いませんよ。
時間のない時でも、少しの間でいいので新聞紙で除湿をすることをお薦めします。

また、ウィッグスタンドにしばらくの間かけておく、という方法もあります。
新聞紙よりも時間はかかりますが、通気性が良いのでこちらもお薦めですよ。

フルウィッグをかぶる場合は、ウィッグネットをちゃんとかぶることが大切です。
逆に言うと、ウィッグネットをかぶらなかったらずれます。
それくらいウィッグネットは大事なものなんですよ!
ウィッグネット自体がずれてくるということは時々あります。
特にえりあし側が上に上がってきやすいです。

占いを鵜呑みにする方も多いと思いますが、占いが当たる人、当たらない人といることをご存知でしょうか?
こちらでは占いが当たる人の特徴について紹介したいと思います。

占いが当たる人はやはり占いを信じる心があり、当たらない人は反対に信じない人が多いようです。
というのも、占いを信じない人は例え占いを受けても「当たる訳がない」と反骨心を持ってしまう方が多いようです。
占い師に言われた事と、真逆の行動を取ってしまう事があるようですね。

一方占いを信じる人は占い師の言う事を信じて、言われた通りの行動を取るので、結果的に「占いが当たった」と言える結末が訪れるます。
もちろん、全員が全員そうではないかもしれませんが、確率的にそのようになってるようですね。
信じる信じないは別として、色々な占いに手を出しすぎるのはあまり良いことではありません。
結局何を信じれば良いのか、そしてどんな行動を取れば良いのか分からず迷いが生じ、占いが当たりにくくなってしまうようですね。
もし占いが当たる人間になりたいなら、まず素直に占いを信じる心を持ち、あまり色々な占いに手を付けず一本道を歩くような気分で挑んだ方が良いでしょう。

どうしても毛穴ってものすごく気になりますよね。
私も肌が最近汚くなったなぁと思う原因は毛穴にあると思います。
そこで、こちらではタイプ別のお手入れ方法を紹介したいと思います。

毛穴の状態によって、適切なケアが変わってきます。
まずは、自分がどの状態にあるのか判断するのが、きれいな肌への近道です。

白つまり毛穴
角栓が白っぽい、凸凹は気にならない、皮脂が多くてテカる、方です。
長時間放置しておらず黒く酸化はしていないので、洗顔やスキンケアでかなり改善がみられます。

黒つまり毛穴
鼻に黒いぶつぶつがある、洗顔でなかなか落ちない、手で触るとざらっとする方です。
この状態で放置すると毛穴の開きにつながります。
洗顔料を見直すことと、ピーリングケア週1、2度することをおすすめします。

ひらき毛穴
毛穴がクレーター状、皮脂分泌がさかん、昔ニキビがよくできた方です。
毛穴の開きに加え、乾燥で毛穴が硬くなっています。
洗顔やピーリング、スキンケアを見直し、クリニックを視野に入れてもいいかもしれません。

毛穴ケアの基本的な流れは、1、きちんと汚れを落とす。2、過剰なケアをせず、ターンオーバーの流れを正常にする。3、有効成分を与え、肌をふっくらさせ、きめを整える。ということになります。
一時的に毛穴がきれいになっても、再度角栓がたまりやすい肌になってしまうので、控えましょう。

脂肪燃焼するのって本当に大変ですよね。
ちなみに私も脂肪燃焼させようと思った事はよくありますが、なかなか実際には上手くいきません。
そこで、こちらでは脂肪燃焼させる食事や食事の方法について紹介します。

ステーキ
お肉は食べすぎると太りますが、実は重要なタンパク源でもありますね。
特にステーキなどの赤身のお肉はタンパク質が筋肉量を減らさないということと、ステーキにはL-カルニチンという脂肪燃焼効果があるとされている成分が豊富だからです。


筋肉を増やす効果と脂肪の代謝を促すビタミン類が多く含まれています。

いわし
エネルギーの燃焼効果が高いコエンザイムQ10、脂肪の代謝を促すビタミンB2を多く含みます。

オリーブオイル
酸化しにくいオレイン酸を含み脂質代謝や糖の代謝を活発にしてくれます。

海藻類
ワカメや昆布、海苔などの海藻類にはヨウ素というミネラルが豊富。
ヨウ素は新陳代謝を活発にし、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促してくれる働きがあります。

キムチ
体脂肪の燃焼を促すカプサイシンが豊富です。

また、フルーツや野菜をたくさん食べることもおすすめ。
朝はヨーグルトに果物を入れて、昼は野菜の煮物や温野菜を必ず1品は摂るようにしましょう。
夜はたっぷりの野菜をスープやお味噌汁、蒸し野菜などでいただきましょう。
糖分の多いフルーツは夜ではなく、朝に食べるようにしましょう。